国債

赤字国債の発行

かつて日本経済は財政出動といえば、赤字国債を発行して公共工事で景気浮揚を図るのが一般でした。つまり国が借金をしてでも予算をばら撒くということです。これはバブル崩壊後の日本経済で景気対策として用いられることが多かったのですが、さすがに累積赤字が増え続けることに警戒してか、予算のばら撒きは少なくなったようです。

こういったばら撒き政策は賛否両論がありますが、再び財政出動路線については、まったく意味を成さない代物といえるでしょう。日本のような財政赤字の国が景気対策のために財政出動をして景気回復を図るということ自体、不可能なことなのです。

0

価格の下落

国内には、国と地方を合わせると1000兆円を超える借金があります。ここに更に赤字国債を新規に発行すれば、国債の流通量が増えることで国債そのものの価値が下落することになります。国債の価格が下落すれば、金利は上昇します。金利が上昇すれば内外の金利差によって、相対的に日本円の魅力が高まり、円を買う動きが起こってくるでしょう。

そうなると間違いなく円高になります。加えていえば、海外の投資家にとって、超金利下に置かれてきた日本円は投資資金を調達する場として心地よかったのです。