低金利

大手で借りるメリット

多重債務者にとって、大手銀行系のカードローンは高嶺の花といっても過言ではないでしょう。借入件数が4件以上の多重債務者では、絶対に借りれないのが大手カードローンです。

銀行カードローンの最大の魅力は、何といっても超低金利にあります。

中小規模の消費者金融が年利18.0%で貸し出しているのに対し、大手カードローンは平均4.0%で融資をしています。無担保無保証での融資を考えれば、驚くほどの低金利です。

多重債務者の方は、こういった銀行系のカードローンで借りれるよう少しでも借入件数を減らしていきたいものです。

融資の申し込み方法

どういった方法でキャッシングの申し込みをするかは本人次第ですが、便利なのは圧倒的にweb申し込みです。最近は顧客獲得競争も激化して、web完結(所在確認、在籍確認は省略)という簡略審査が増えてきています。

審査の内容は、信用情報センターから情報を入手して審査をするだけのことです。一時間もしないうちに審査の可否が伝えられ、その日のうちの即日融資が受けられるのは、消費者にとってはありがたいシステムといえるでしょう。

申込方法

大手消費者金融

対象:健全者、多重債務者は不可
金利:3.0〜18.0%
審査:厳しい

借入審査が厳しいといってもそれは多重債務者に対してであって、借金のない人に対してはそれほど厳しくはありません。

大手のメリットは低金利以外にも、利便性の高さがあげられます。全国の銀行やコンビニのATMで出し入れが出来ますし、無利息期間なども設定されています。