前へ
次へ

転職の求人情報ではライフワークバランスがカギ

転職相談では、ワークライフバランスを重視してくれる、そうした会社を探してしまうものです。
独身・既婚者にしても、仕事とプライベートの調和をはかる点で大事なことで、求人情報では「プライベートも充実」という謳い文句があります。
しかし、転職支援のキャリアアドバイザーいわく、生き甲斐を仕事とした割合を増やしていくようなライフワークバランスを意識して欲しい旨を伝えています。
求人情報では、「やりがいや充実感」の情報にチェックを入れるケースがあります。
しかし、それを実現できる転職先を求めていてもすんなり見つかるはずもありません。
生活(プライベート)が第一であれば、リアルな話、食べていけません。
とあるキャリアアドバイザーがウマい例え話を上げています。
それが、食べるための仕事「ライスワーク」です。
転職は自由、今や求人数も豊富に取り扱われています。
もちろん、分離して組むことも可能で、先に上げたように、生活メイン、食べられる最低限の仕事で十分ということもできます。
反対に、食べるために働き、副業(週末起業)などで生活を確保するという選択もできます。
もちろん転職するからには、やりたいこととできることの違いも知っているでしょう。
転職ではどちらを先に確立すべきか、やはり食べるために仕事をする、この働き方を定着させた考え方を持ちましょう。
長い目でみれば、最終的にはライフワークオンリーになります。
今は、がむしゃらに働くだけ、求人情報でもやる気のある者が歓迎されているのはそうした理由もあるでしょう。
さらに最近の求人情報、内容の変遷があります。
いわゆる新ビジネスがスタートしており、社員を求めている傾向です。
トレンドに合わせて生まれる職業があるのも若手には魅力でしょう。
事務職という言葉も聞き慣れているのは40代以降のミドル世代、今は業務管理職や業務設計職です。
業務改善、最近の求人情報の内容をチェックするだけで、今後の役割、位置づけが理解できるのではないでしょうか。

昇給・賞与など福利厚生面も整っています

1人1人に行き届いたコミュニケーション・指導が可能!
少人数保育のため、生活習慣の指導や読み聞かせ等を行い、表現力などを身につけられるようサポートします。

未経験者でも不安なく始められるようフォローします
実務経験がない方でも安心して仕事ができるよう、研修での指導はもちろん先輩職員からのフォローもしています。

出産後もキャリアを継続できるので安心です
産休・育休の取得実績もありますし、復職実績もあるので出産後もキャリアを継続しながら働けます。

各種カリキュラムで子どもたちの成長をサポート!
遊びながら子供たちが学べるよう、季節のイベントや英会話・体操など様々なカリキュラムを実施しています。

Page Top