金融

カードローン

消費者金融でお金を借りるのと、カードローンで借りるのとでは、カードローンのほうが言葉の響きが現代風でソフトなイメージがあります。キャッシングとカードローンとでは何が違うのでしょうか?

カードローンとは大手銀行系の消費者金融や信販会社などが顧客に発行しているカードを介してキャッシングができるシステムです。審査に通れば予め限度額が設定されたカードが発行されます。

顧客はそのカードを利用して、お金が必要になればキャッシングができます。また、カードローンでは事前に登録した銀行口座から自動的に毎月の支払い額が引き落とされます。

銀行

消費者金融のように毎月面倒な支払いをしなくてもいいということです。こういった面だけをみればカードローンのほうが便利なように見えますが、実際はどうなのでしょうか?

毎月の支払い

前述したように、カードローンの支払いは毎月決められた額が銀行口座から引き落とされることになります。対して消費者金融は業者によって異なりますが、基本的に自分で金融業者のATMへ足を運んで支払い操作を行います。

ただ、カードローンと違うところは自分で支払う額を決めれるということです。最低支払額以上であれば何円でもいいということです。たとえば、今月はお金が苦しいので最低支払い額で済ませることもできれば、今月はお金に余裕があるのでまとまった額を支払うこともできます。

早く元金を支払ってしまいたい方にとったら、こういった自由支払い方式のほうが合っているでしょう。

どちらも同じ

基本的に金融業者からお金を借りるということなので、消費者金融でもカードローンでも同じことです。若干カードローンのほうが低金利ですし、銀行やコンビニのATMでも利用できることから便利になりますが、前述したように自由に支払いたい方は消費者金融のほうが便利かもしれませんね。